公務員は副業禁止

公務員が副業をしていて問題になりニュースに取り上げられたこともあり、公務員が副業を禁止されていることは一般的によく知られています。
副業とは、収入を得るための本業を差しておりサイドビジネスや兼業とも呼ばれています。

日本では職業選択の自由から、勤務時間外の時間の副業を雇用主が禁じることは憲法に反しているとの考えが一般的ですが、多くの民間企業では就業規則で副業を禁止しているところが多いです。
副業を禁止していない会社に勤めている方の中には副業を考えている方もいるでしょう。
副業には様々な種類があります。

副業は就労形態によって、アルバイト、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類されます。
最も身近なものは、アルバイトでしょう。
本業の仕事が終わった後の時間を活用することができます。
働いた分の金額を受け取ることができますし、収入の予測やスケジュールが立てやすいのがメリットです。
デメリットとしては、働ける時間が限られているので、収入の上限に到達しやすいことがあります。
時給を上げていくというのは、アルバイトの場合なかなか難しいですし副業の場合働ける時間に限界があります。
収入の予測は立てやすいですが、大きな収入は難しいでしょう。

公務員で働いている方の場合、アルバイトなどの副業は法律で禁止されています。
しかし、給料が低いことなど様々な理由から収入を増やしたいと思う方も多いと思います。
ここでは、公務員の方でもできるとされている副業を紹介していきます。